会社案内

会社理念

ヨダカ技研株式会社は理科学機器製造・販売を主な業務として、2015年5月に神奈川県川崎市に会社を設立いたしました。

商品やサービスに対してのニーズが多様化している現在の社会において、我々のような小さな企業が大手海外メーカーと渡り合うためには、刻々と変化するお客様のニーズに対して迅速かつ柔軟に、かつリーズナブルに対応することであると捉えております。それゆえ、理科学の研究分野において世界の先端を進んでいる研究者の方々が保有する技術の相互理解がより深まるように、スピーディーな技術開発により「まず形に」することを行い、その後柔軟に「市場に出す」ことを事業の理念に抱きます。

当社は特に「1細胞ハンドリング」に特化した装置の設計開発、細胞吸引時に先端に取り付けるガラス製の微細加工品の製作を得意としており、今後、1細胞を取り扱うために有用な技術を大学や官庁の研究機関から柔軟に取り入れ、迅速に市場へと導入していき、現在数%となったバイオテクノロジー研究機器業界における国内メーカーの市場シェアを底上げしていくことを目指します。

日本が1細胞の技術で世界をリードし、その中核企業として成長することを目標といたします。

代表取締役 平藤 衛

会社概要

会社名 ヨダカ技研株式会社(YODAKA Co.,Ltd.)
代表者 平藤 衛
所在地 〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 かわさき新産業創造センター223号
TEL / FAX 044-201-9013 / 044-201-9014
資本金 500万円
設立 2015年5月
主な事業内容 ■ 理科学機器製造および販売(主にバイオテクノロジー研究機器)
■ 理科学機器の設計・開発受託
■ マイクロデバイス・チップの設計・開発および販売
(主にナノテクノロジーを用いて製造したデバイス)
■ 理科学機器・消耗品の代理店販売■人・ペット用検査装置および検査キット(デバイス)の開発
取引金融機関 三井住友銀行 川崎支店/横浜銀行 川﨑支店/横浜信用金庫 末吉支店/みずほ銀行 横浜支店
主要お取引先 理化学研究所/産業技術総合研究所/九州大学/東京大学/大阪大学/大手化学系企業

 

会社沿革

~設立、入居、新事業立ち上げ等~
2015年5月  会社設立
2015年8月  かながわサイエンスパークNEO入居開始
2015年12月  全省庁共通入札参加資格取得
2016年4月  かわさき新産業創造センターKBIC-236号入居開始
2017年8月  かわさき新産業創造センターKBIC-223号移転(増床)
2017年8月  アットドウス株式会社(当時:子会社)設立
2018年3月  フルイドウェアテクノロジーズ株式会社PDMS流体チップ受託製造事業買収
2019年5月  かわさき新産業創造センターKBIC-234号入居(増床)新事業開始

~受賞、助成金採択、支援事業採択等~
2015年3月 会社設立前 川崎市産業振興財団 かわさき起業家オーディション優秀賞受賞
(かわしんビジネスチャレンジ賞、はまぎん賞、川崎商工会議所会頭賞、八千代銀行賞、城南信用金庫賞)
2015年5月  中小機構 創業補助金採択
2015年7月  神奈川県 H27新産業ベンチャー支援事業採択(共同機関:東京大学)
2016年6月  神奈川県 H28エネルギー関連等支援事業採択
2016年9月  川崎市 H28ベンチャー企業等成長促進事業採択(支援機関:トーマツ)
2017年6月  川崎市 H29産学共同研究開発プロジェクト採択(共同機関:香川大学)
2018年8月  中小機構 小規模事業者補助金採択
2018年11月  川崎市 Kawasaki ZENTECH Accelarater採択
2019年1月  市村清新技術財団 第102回新技術開発助成採択
2019年6月  KISTEC 産学公連携事業化促進研究採択(アットドウス、KISTEC)
2019年8月  中小機構 小規模事業者補助金採択
2020年2月  神奈川県産業振興センター かながわビジネスオーディション2020最終プレゼン採択
(KISTEC賞、KSP賞、日本技術士会神奈川県支部賞)

~共同研究、技術支援、特許実施等~
2015年12月  特許実施許諾 静岡大学
2016年1月  共同研究 九州大学、産業技術総合研究所
2016年6月  技術支援 東京大学
2016年8月  特許実施許諾 香川大学
2017年7月  共同研究 香川大学
2018年1月  共同研究 理化学研究所
2018年7月  共同研究 東京大学
2018年8月  技術支援 大阪大学
2019年6月  特許実施許諾 理化学研究所
2019年11月  実施契約 産業技術総合研究所

~講演・セミナー~
2016年9月   第5回 22世紀先端研究セミナー 1細胞解析技術革新の将来性と課題
(東京大学大学院理学系研究科 上村想太郎教授 との共同講演)
2019年12月  かわさき市民アカデミー 「かわさき」から生み出す新しい医療のカタチと
ライフサイエンス産業の礎 1細胞社会:細胞の個性を見れば、新しい医療の
カタチが見えてくる!